アルシュ 施工事例
  アルシュ  ジャーナル  第19巻   2014年3月号
*CONTENTS*
  アルシュの窓
  価格表示に注意! 増税準備 始まっています
  難しいけど知っておきたい 「耐震基準」
  あなたの住まいは 上向き?下向き?
  カーテンで花粉対策!
  ちょっと一息   正式名称知っていますか?
  タオス・プエブロ  1000年以上 人が住み続ける集合住宅
  Step by step tiny things.  ちっちゃな会社にできる、小さなコト
各CONTENTSをクリックすると、ご希望の記事へリンクします。

雛人形
3月になりました。
随分過ごし易くなりましたが、まだまだ寒い日もありそうですね。
暦の上では、2月からが春ですが、3月と聞くと「春だな~」と感じる方が多いのではないでしょうか。
ひとくちに“春”と言っても様々な区切り方がありますよね。
例えば、気象学的には3~5月を指しますし、年度の四半期ごとの区分でいくと4~6月。
旧暦では、1~3月に。二十四節気に基づいた節で区切ると、立春から立夏までになるので、
2~5月前半までとなります。
更に、天文学上は、春分から夏至まで(この場合は、春分の日・夏至の日ではなく、
太陽黄経が0度又は90度になった瞬間のこと)ですので、3月下旬から6月下旬までとなります。
う~ん、なんともややこしい・・・((+_+))
でも、やっぱり私たちの感じる“春”に近いのは、気象学的な区切りの3月・4月・5月でしょう。
暖かく過ごしやすくなる日が待ち遠しいですね♪

キャンドルナイト
キャンドルナイト キャンドルナイト
3月11日までの1週間、キャンドルの灯りに、追悼の気持ちをこめて、キャンドルナイトを開催します!
11日までの毎日、日没から20時ごろまでキャンドルにあかりを灯します♪
CONTENTSへ戻る

価格表示に注意!    増税準備 始まっています
2014年4月1日、消費税が5%から8%に増税されます。
そこで気を付けないといけないのが、“価格表示”です。
日本で初めて消費税が導入されたのは、今から25年前の1989年の4月。
その当時、価格表示の決まりはありませんでした。
そして、消費税導入から15年後の2004年に、総額(税込価格)の表示が義務付けされました。
でも、最近税抜き価格を表示している店が多いと思いませんか・・・?
実は、昨年の10月から2017年3月末までの期間限定で、税抜き表示がOKになっているからなのです。
理由は、業者が値札を変える手間を省く為なのだとか。
お店ごとに表示もさまざま。中には、同じお店なのに違う表示になっている場合もあります。
買い物をするときはじっくり値札を見ないと、レジでビックリなんてことになりかねませんね(*_*)
価格表示 「当店は全て税抜き価格です」と
張り出すだけも認められています。
CONTENTSへ戻る

難しいけど知っておきたい 「耐震基準」
  耐震基準
阪神淡路大震災から19年が経ち、東日本大震災から3年が経とうとしています。
震災以降、“住まいの安全性”に対する意識がとても高まっています。
気になるのが、住宅に関する“耐震基準”。
みなさんは、この耐震基準について、どんなことを知っていますか?
耐震性能は、家の間取りや素材・設備などとは違い、
自分の目で確かめることができないので、不安も多いですよね。
新築の場合は、割と安心される方も多いようですが、中古物件の場合は、なかなか判断しにくいもの。
そこでポイントとなるのが“新耐震基準”というキーワード。
建築基準法で定められている耐震基準。
大地震などが起こるたびに見直し、改正されながら、現在の基準に至っています。
そして、この基準には“旧耐震基準”と“新耐震基準”があるのです。
旧耐震基準は、1981年(昭和56年)以前に建てられた建築物の基準で、
震度5程度の地震に耐えうることが定められていました。
しかし、現在の“新耐震基準”は、「震度6~7の地震でも倒壊しないこと」と
1981年6月に改正されました。
つまり、『1981年6月1日以降に建てられた』というのが、耐震性を見極めるひとつのカギに!
しかし、注意しなければならないのは、建築年そのものではなく、
1981年6月以降に建築確認を受けていること。
マンションなどは、工事期間などによっては、1982年や1983年に建てられたものでも、
旧耐震基準の場合も・・・。
そして更に難しいのは、1981年の6月以前に建てられたものでも、
必ずしも旧耐震基準とは限らないということ。
建築基準法改正を見越して新たな基準で設計されたものや、
そもそも基準よりも高いレベルで設計されたものも存在します。
この耐震基準制度についての認知度は、
一法律の施行令改正内容としては、かなり高いと言われています。
それでも、やっぱり法律に関することを理解するのはなかなか難しいものですよね。
どうしても心配な場合は、多少の費用はかかってしまいますが、
専門家の耐震診断を受けてみるのもオススメです。
もちろん“新耐震基準”で建てられた住まいでも、老朽化などが原因で、耐震性能が低くなる場合も。
あくまで耐震基準は最低限の基準です。
住まいの耐震性を高めるためのリフォームなどには、
国や自治体から税制面の優遇措置・補助金などが受けられます。
耐震診断・耐震改修に対して補助を実施している地方公共団体も多くなっています。
地震大国と言われる日本で住む私たちにとって「難しいから知らない」では済まされない身近な問題です。
みなさまも、一度「住まいの安全性」についてしっかり考えてみてはいかがでしょうか・・・?
CONTENTSへ戻る

あなたの住まいは、上向き?下向き?
普段何気なく使っている水道の蛇口。
蛇口には、ひねるものやセンサーに手をかざすものなど、様々なタイプがあります。
住宅では、レバー式の水栓をよく見かけます。
このレバー式水栓。現在はレバーを下げて水を止める“下げ止め”タイプが主流です。
日本バルブ協会によると、レバー式水栓は欧米生まれ。
1970年代半ばから、日本でも普及し始めました。
発売した当初は、レバーを上げると水が止まる“上げ止め”タイプが製造されていました。
しかし、1980年代になると米国の大手水栓メーカーが“下げ止め”タイプを販売し、
米国では下げ止めタイプが主流になっていきました。
日本でも下げ止めタイプを製造するメーカー現れ、同じ家で2種類のレバー式水栓が混在することに・・・。
水を止めようとレバーを逆に動かしてしまい、勢いよく水が出て困ってしまったという経験ありませんか?
現在では、上げ止めタイプの生産はなく下げ止めタイプのみになっています。
「統一してほしい」という声が多かったからという説や、
アメリカでは下げ止めタイプが主流になっていたからと、様々な説があります。
阪神淡路大震災の時に上げ止め式の水栓が下がりっぱなしになり、
水不足になってしまったことがきっかけという説もあるようですよ。
カクダイ Dareyaアイキャッチ水栓 レバー式ではないですが・・・
こんなユニークな水栓もあります。
“誰や!メタボにしたん?”/KAKUDAI
CONTENTSへ戻る

カーテンで花粉対策!
日に日に暖かくなり始める3月。
嬉しいけれど・・・花粉症の方にとっては憂鬱な季節とも言えます。
花粉は、どこからともなく家の中に入り込み、私たちを悩ませます。
でも、ちょっとした工夫で、入り込む花粉の量を減らせるとしたら?
そんな嬉しいことはありませんよね♪
花粉の約6割は、窓や換気口から入ってきます。
しかし「全く換気をしない」というわけにもいきません。
そこで活躍するのが、カーテンです。
窓を全開にしていてもレースのカーテンを閉めるだけで、入ってくる花粉の量は、約40%減!
更に、窓を開ける幅を10cmにすると全開の場合と比べて、約85%も減らせるんです!
驚きの数字ですよね。
残念ながら、それでも入ってきてしまう花粉は掃除で取り除くしかありません。
フローリングは、花粉が舞い散りやすいので、掃除機をかける前に、
濡れた雑巾やウェットシートで拭き掃除をするのがポイント。
カーペットは、ゆっくり念入りに。
毛並みと逆方向にかけると効果のアップが期待できますよ。
残りの4割は、付着による侵入です!
カーテンで花粉対策
洗濯ものは、花粉を充分に払ってから取り込みましょう♪
風のあたらない布団の内側にも花粉は付着しています!
CONTENTSへ戻る

ちょっと一息    正式名称知っていますか?
日常生活で、よく遭遇する不思議な現象。
例えば、道で人とすれ違う時、お互いに何度も同じ方向に避けてしまい、
気まずい思いをしたことはありませんか?
この現象の正式名称は【連続回避本能】と言います。
考える時間が短ければ短いほどなりやすいようです。
こんな風に、思わず「あるある~」と納得してしまう現象にも、実は正式名称があるんです!
*「見るな」と言われると、どうしても見たくなる → 【カリギュラ効果】
*傘を持っている時は雨が降らず、持っていない時に限って雨が降る → 【マーフィーの法則】
*1つの文字をずっと見ていると「あれ?こんな形だったっけ?」と感じてしまう
                                           → 【ゲシュタルト崩壊】
 左の記号のように、点が3つ集まると顔に見える → 【シミュラクラ(類像)現象】
*本屋さんに長時間いると、トイレに行きたくなる → 【青木まりこ現象】
マーフィーの法則は聞いたことがある方も多いのでは?
この法則には、科学的な根拠はありません。
「食パンを落とす時は、必ずバターを塗った方が下」など、
ユーモラスで哀愁あふれる経験則や教訓で、思わずクスッと笑ってしまいます。
きっと、普段みなさんが遭遇している不思議な現象にも“正式名称”が、あるはずですよ(^^)
CONTENTSへ戻る

タオス・プエブロ    1000年以上 人が住み続ける集合住宅
日本の住宅の平均寿命は、約30年程。
では、他の国と比べてみると・・・?
フランスやドイツは、80年前後。
イギリスの住宅の平均寿命は、100年を超えるとも言われています。
こうして他の国と比べてみると、日本の住宅がどれだけ短命なのかよくわかります。
しかし、アメリカのニューメキシコ州には、もっともっと長寿命な住宅が存在しているのです!
アメリカの一般的な戸建住宅の平均寿命は100年程なのですが、ニューメキシコ州にある
“プエブロ族”の集落には、1000年以上断続して定住されてきた団地が存在します。
1000年以上も前に建てられた集合住宅が当時のまま残っており、
メンテナンスをしながら、今でも人が住み続けています。
このタオス・プエブロ(Taos‐Pueblo)は、生きた世界文化遺産として、
1992年に世界遺産登録されました。
今でも建設当時と変わらず、土・水・藁で作った「アドビレンガ」といわれる日干しレンガを用いて、
大切に大切に住まわれ続けています。素敵ですよね。
こういうスタイルが、日本の住宅にも必要なのではないかと思います。
タオス・プエブロ 世界最古の集合住宅と言われている、
ニューメキシコ州のタオス・プエブロ


[画像参照]
http://www.link-usa.jp/us-dictionaly/
archives/2008/05/24_192301.html
CONTENTSへ戻る

step by step tiny things.   ちっちゃな会社にできる、小さなコト
ステップバイステップ
“ちっちゃな会社にできる、小さなコト”を合言葉に、
私たちのような小さな会社にもできることに取り組んでいます。
昨年から取り組んでいるこの活動も始めてからもうすぐ1年が経とうとしています。
近所の方が集めていた使用済み切手を持ってきてくれたり、
小学生の男の子が帰り道にプルタブを持ってきてくれたりと、嬉しいこともたくさんありました。
スタッフだけでは限界もありますが、皆様のご協力のおかげで少しずつ、でも着実に増えてきています。
現場では争奪戦?!のペットボトルキャップ
ステップバイステップ  ステップバイステップ
ペットボトルキャップは、他の2つより、嵩も大きいので目に見えて増えているのを実感できます!
でも、意外と集まらない・・・
学校や会社などでも集めているところが多いようで、夏の現場では争奪戦が繰り広げられます!
少なく見える、プルタブも・・・
ステップバイステップ
結構な量はあると思うのですが、プルタブ(プルトップ)も意外と貯まらず・・・。
でもたまに近くの小学校の男の子が、帰り道に持ってきてくれるという嬉しい出来事も♪
近所の方が「これ、役に立つんやろ~?」
        と言って持ってきてくださいました!!!
ステップバイステップ  ステップバイステップ
最近は手紙のやりとりって少なくなっていますよね。集まらなくて、特に困っていたのが使用済み切手。
ある日、通りすがり(?)のおじさんが、事務所にきてくださって、
「これ貰って~。なんか役に立つんやろ~?」と、大量の使用済み切手を!!!
事務所の前を通る時に、回収BOXを見かけて持ってきてくれたみたいです。
見てくれている人もいるんだなぁ~と、スタッフみんなで感動しました♪
ありがとうございました!
使用済み切手は、動物たちの保護などの支援金に!
公益社団法人 日本動物福祉協会に寄付され、
動物たちの保護、野良犬・猫を減らす為、 不妊・去勢治療
などに使われます。
公益社団法人 日本動物福祉協会 http://www.jaws.or.jp
プルタブ(プルトップ)は、 東日本大震災の義援金に!
NPO法人 e-kotnetを通じて換金され東日本大震災の
義援金として復興支援などに役立てられます。
NPO法人 e-kotnet  http://www.e-kotonet.org/
ペットボトルキャップは、世界中の子どもたちのワクチンに!
NPO法人 e-kotnetを通じて、換金後ユニセフなどから
世界中の子どもたちへ、ワクチンが届けられます。
NPO法人 e-kotne  http://www.e-kotonet.org/
小さなことからコツコツと!
各種回収BOXは、アルシュ事務所内に設置しています。
皆さまのご協力、よろしくお願い致します。
CONTENTSへ戻る

インタビュー募集!!
  アルシュでは、ご自宅を公開していただけるお客様も募集しております。
ご自宅にお伺いし、写真撮影・インタビューをお願いします。
また、楽しくなるようなひらめきや工夫でECOライフを楽しんでいる方のお話なども募集しております。
その他、ご質問や取り上げてほしい話題、我が家のペット自慢等々、是非お気軽にお寄せくださいませ。
皆さまからの、率直なご意見・ご感想 お待ちしております。
CONTENTSへ戻る

新築・リフォームなど住まいに関することなら
株式会社  アルシュ  アルシュ
〒564-0063  吹田市江坂町1丁目9番17号
TEL:06-6380-5420 E-mail:arche@blue.ocn.ne.jp
FAX:06-6380-5421 http://www.arche-arche.net

お問合せ
お仕事帰り・休日のご相談も承っ
てます。お気軽にお問合せ下さい。

法人のお客様へ

マンションオーナーのお客様へ

協力業者募集

ブログ

ちっちゃな会社にできる小さいコト

女子建築部
建築に関わる仕事をしている女性の集まるページです。
情報交換や悩み相談などなど・・・みなさんの集いの場です。

新築 注文住宅 リノベーション リフォーム 株式会社アルシュ住所

一発芸ブログ

LINKS

山吹株式会社

ページのトップへ戻る